扇子 sky の基本形

c0106443_1164134.jpg


[追記] 2012/07/31・・・扇子の作り方 総集編です
  簡単扇子 Ⅲ-1 (部品作り)
  簡単扇子 Ⅲ-2 (組み立て)

-----------------------------------------------
基本形の作成手順を簡単に書いてみました。

応用作品は「扇子 Ⅰ」と「扇子 Ⅱ」に合わせて4種類あります。

※ 参考・・・扇子の各部名称

【作成手順】

<参考サイト>
楽しくチャレンジJTrim → 扇形の作成
※ 2008/08/27 HP閉鎖されました → 移転再開されました

<参考サイト>
みっちゃんの花*畑だより → 12角形フレームより 扇子 1~3 

【アレンジ部分】

c0106443_1162048.jpg*1 グレーの枠は画像をわかりやすくするためにつけています
*2 該当する画像の大きさを記憶させます。
[編集]→[全選択]→[イメージ]→[座標指定切り抜き]→[OK]
*3 [表示]→[背景色]はその場に応じて変更して下さい
   たとえば「回転」するときは[白色に]

1.新規作成で 110pix × 500pix の白紙を作ります。
グラデーションをかける場合はこの段階でかけます。

2.用紙を-10度回転し、右上の頂点以外の3頂点を含むように「切り抜き」ます。+10度回転して垂直になった用紙を「切り抜き」ます。


c0106443_11313735.jpg3.[背景色]を銀色(192.192.192)に変更します、切り抜いた用紙を[ミラー]してコピーし、「元に戻す」、[連結]で用紙の間に1pixの間隔を開けて右側に連結します。(線が[谷]になります)
(用紙の端に白い部分が残っていたり、銀色の中央の線がうまくいかない時は[切り抜き]のところまで戻って何度もやり直して下さい) [参考:用紙219×510]

4.下から別の色を[フェードアウト]で入れたい場合は次のようにします。最初に*2をします。
そして[背景色]を任意の色に変更します、次に 上・左・右(下以外)にかけるフェードアウトより大きめの余白をつけます。そしてフェードアウトをかけて[座標指定切り抜き]をクリックして所定の位置までドラッグし「OK」します。

5.上の用紙を-7度回転し、右下の頂点以外に合わせて[切り抜き]します。

6.次にこの用紙を+14度回転し、左下の頂点以外に合わせて[切り抜き]します。
それを-3.5度回転したものが 下の①番です。


c0106443_19124429.jpgc0106443_10353020.gifc0106443_10354527.gifc0106443_18551556.jpg左の4個の部品から扇子が出来ています。
それぞれ別途作成してBMP保存しておきます。

① 地紙・・・
[参考サイズ:219×525]縮小
かなり慎重に作成しても作るたびに数ピクセル違ってきます。

② 中骨下部・・・
[参考サイズ:40×470]実寸
いろいろ小細工しましたが長方形の上下にを入れて左側だけ少し濃い色にするだけでも良いと思います。

③ 中骨先端・・・
[参考サイズ:28×370]実寸

④ 親骨部分・・・▼+②
[参考サイズ:60×990]縮小

7.①を「編集」→[全選択]→「イメージ」→[座標指定切り抜き]をクリックしてその数値をメモしておきます。

8.別のJTrimで②[中骨下部]を開いて、コピーします。

9.①に戻って[中骨下部]の長さ分を下のみ「余白:白色:480」付けます、そして[合成貼り付け]で ↓ のように適当な位置に置き「位置確定」します。
⑤の基本形になったと思います、BMP保存して下さい。

10.⑤をコピーして別のJTrimに⑥、⑦、⑧(白抜き型が不要なら⑧は無し・・・色によって必要な場合もあるかもしれませんが、私は使いませんでした)貼り付けます。

⑥貼り付けたものを+3.5度回転し地紙部分の左側を垂直にします。
そして左端に中骨の左に使用した色で範囲指定(中骨の途中で自然に見える位置まで)して色を塗ります。

その後 接合部を1000%に拡大し、原寸表示と見比べながら小細工をして自然に見えるようにします。
納得のいく形になったら-14度回転して、地紙の右側が垂直になるようにし、範囲指定して[切り抜き]します。⑥左端部分の完成です、BMP保存しておきます。

c0106443_1961476.jpgc0106443_1992623.gifc0106443_22591392.jpgc0106443_1994534.gifc0106443_1973637.jpg
c0106443_19135378.gif

c0106443_2313327.gifc0106443_19243971.gifc0106443_19173373.jpgc0106443_19243971.gifc0106443_2315653.gif




























11.次に重なりがうまくいくか実験してみます。
⑤基本形を+3.5度回転して*2をします。
コピーして⑥左端部分に移り、「余白作成」で右側のみ[余白:右:白:999]つけます。そして「座標指定切り抜き」をクリックすると枠が表示されますのでおおよその位置までドラッグし、赤丸のチェックを入れて 右下図のように赤四角で囲んでいる数値を入れます。×で閉じて 「合成」[暗い画素優先]で合成します。
地紙の合わせ目は納得がいくまで数値を多少変更してやり直して下さい。

[要]部分が左下図のようにうまく重なっていれば 次の作業を始めます。
重なりがおかしければ⑤基本形まで戻って中骨下部を短くするか、長くするかします。


c0106443_132951100.jpgc0106443_13301161.gif









※ 合成するときに1pixほど間隔を開けます
   (白い線が[山]になります)

正式に合成していく時 赤い四角で囲んだ座標1のX値を書いておきます。数ピクセル前後 動かせばいいはずです(あくまで参考です)

合成の後 毎回-14度回転します。
[194.409.671.978.1326] 
下がっていきますので、ここで全体を切り抜き
[879.1074.1319.1612.1950] 
最初に余白を付けるのを忘れないように


12.では次の作業に移ります、先ほど[暗い画素優先]で合成したものは「元に戻す」で戻してそのまま保留します。
先ほどの基本形に戻ってこちらも「元に戻す」で中骨が垂直になるようにします。

13.⑤基本形になっているでしょうか?閉じてしまわれた場合はもう一度開き直して下さい。
そして[座標指定切り抜き]をクリックして、7番でメモした数値を入れます。
地紙部分とほんの少し中骨部分が含まれますが気にせず、×で閉じて「編集」→[切り取り]をし、別のJTrimに貼り付けておきます。

残った中骨下部に先端部分を開いてコピーし、[合成貼り付け]で⑦のように配置します。
先ほど別のJTrimに貼り付けた地紙をコピーして、「合成」→[透明度を指定して合成:15]で合成します。
中骨部分に模様を入れたい場合は適当なフォントで入れ、+3.5度回転します。⑦完成になりました。

14.⑦完成をコピーして、先ほど保留した左端部分に[暗い画素優先]で合成し、-14度回転します。それを10回繰り返します。

15.最後に親骨を開いてコピーし、[暗い画素優先]で合成し [要]をつけます。

根気と丁寧さと小細工で頑張って制作して下さい。
これ以上詳しくは書く気力がないのでご了承下さい。
[PR]
Commented by 末摘む花 at 2008-07-09 16:37 x
すばらし~~~~い!!!
どれも品が良くて、骨の透け感が最高です。
私も又作ってみたくなりました。
Commented by 千花 at 2008-07-09 19:40 x
もう2本見せて頂きました^^どちらも素敵で本物のようです^^
又skyさん琉の作成工程も公開されて、嬉しいです~^^
いつか創ってみたいので絶対に消さないで下さいね^^


Commented by sky at 2008-07-09 22:30 x
▼ 末摘む花さん こんばんは
ありがとうございます。
苦労した甲斐がありました。

いつもコメントありがとうございます。
Commented by sky at 2008-07-09 22:36 x
▼ 千花さん こんばんは
3本 基本形を「RGBの度合い」で少し色を変えたら、中に入れたいものが増えて、計4本も作成してしまいました。私にしては珍しいです。

> いつか創ってみたいので絶対に消さないで下さいね^^
よかった(*^_^*)こんな疲れることして どなたも作成して下さらなかったらどうしようと思っていたのです。

これでお二人立候補者が・・・うれしいです。
by jtrimde | 2008-07-09 16:02 | 自作品 | Comments(4)

JTrim(フリーソフト)での 加工の仕方及び作品 by sky


by jtrimde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31