「テクスチャ」の作り方

c0106443_16443682.jpg
               ↑  とっても色合いが気に入ったので大きく拡大します。

小春日和の日に「花見の下見」に行く主人に誘われ、京都の平安神宮と南禅寺に行ってきました。
南禅寺の敷地に 史跡 琵琶湖疎水のうち 「水路閣」がありました。

額縁にこの写真の一部から作成した「テクスチャ」を使用しました。

【作成手順】

JTrimの「テクスチャ」の存在場所(JTrim Version 1.53c )
 ・セットアップ版・・・インストールされた方(デフォルトの場合)
 [ローカルディスク(C;)→「Program Files」→「 JTrimのフォルダ 」→「TEXTURE」フォルダ]

 ・LHA書庫版(別途解凍ソフトが必要です)
 [ご自分が設置された場所の「 JTrimのフォルダ 」→「TEXTURE」フォルダ]

「TEXTURE」フォルダの中に12枚のモノクロのBMP画像が入っていると思います。
加工する画像に[テクスチャ]を適応する場合は「イメージ」→「テクスチャ」ですね。
テクスチャを使用すると画像が暗くなります(ネガポジ反転してテクスチャを適用すると暗くならないことを、末摘む花さんが発見されました)、余白部分など色を付けると雰囲気が変わります。

今回はこのテクスチャを自分で作成してみようと思います。
大きさは 細かい模様の繰り返しの場合は小さくて良い、模様が大きいとサイズも大きめに。

1.分かりやすいように 200pix × 200pix で作成してみます。

2.テクスチャにしたい写真の一部分をトリミングします。
今回は煉瓦が少し傾いていたので大きめにトリミングして少し回転し水平にしてもう一度トリミングしました。

c0106443_17293772.jpgc0106443_17301990.jpg










3.左が写真から 200pix × 200pix にトリミングしたままの大きさ。
  右は左を50%にリサイズし、4枚連結した物です。今回はこちらを使用しました。

4.気に入った模様が出来たら「名前を付けて保存」で[セットアップ版]は上に書いた場所にBMPで保存します。
[LHA書庫版]の方は「TEXTURE」フォルダに保存します。

名前の最初に自作と分かる目印をつけておくと分かりやすくなります。

カラーのままでも使用するときモノクロに表示されるので、自分が作成した目安にして下さい。


◆ 今回 掲示している作品は、写真の大きさ 800pix × 532pix に余白 白色で 50pix 付け、
  額部分の内側を 5pix 凹まして、外側を 5pix スムース しています。

  そして写真をあらかじめコピーしておいた物を、「合成貼り付け」で貼り付けました。
[PR]
Commented by carrot at 2008-03-22 08:28 x
おはようございます

この「水路閣」と南禅寺、何度か行ったことがあります
大好きな場所の一つです
これを見たら又行ってみたくなりました~

写真と額のテクスチャーがとても良い雰囲気を出してますね
ピッタリです
Commented by sky at 2008-03-22 09:40 x
▼ carrotさん おはようございます。
今 パソコン同好会に来ています。
とっても素敵な作品 投稿いただいているので、帰宅してからアップしますね。

carrotさんの所から「南禅寺」遠いでしょう、何回も行かれたとはよほど気に入られているのですね。
私は近いのに初めて行きました、奇麗なところですね。

テクスチャ簡単にできるので雰囲気が合えばもうけものかな。
褒めてくださってありがとう
by jtrimde | 2008-03-21 17:56 | 自作品 | Comments(2)

JTrim(フリーソフト)での 加工の仕方及び作品 by sky


by jtrimde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31